檸檬


友達が、庭で採れた檸檬を持ってきてくれた。
グレープフルーツの様に丸くて、艶々。
何作ろうか?
なんて考えて、幸せな午後。

ミナペルホネン





皆川明 講演会
京都精華大学
デザイナーの仕事とは、1つの物を作る時に、
作り手の喜びと、使い手の喜びを、産み出す事。
それには丁寧なものづくりである事。
メンテナンスもして、長い間楽しんでもらえる事を大切にしているという事。
経験から出来ないと思っていた不可能という高い壁を、乗り越えあるいは壊す。

高い壁は案外薄っぺらい物で、
工夫や、手間をかけたら壊せるんですよ。
と教えてくださいました。

自分で無理だと勝手に自分に作ってしまっていた壁をふぁっと壊したいと思います。

素敵な人でした。

夏の終わり

知らぬ間に夏が終わりました。
龍門ズLiveは毎年この季節にあります。
楽しみにしているのです。
今年は84歳のはっちゃんが大活躍。
昨日の私の大切なmeemeeさんも同じ歳。
なんかいろんな気持ちが混じり合って、泣きながら、見上げてごらん夜の星を♪を歌った。


ギャラリーでは石フェス開催中。
面白かった。
思いの外、石が好きな自分に気づく。
分室の方では丘で青空ヨガしているゆみやんさんとキャンドルりんさんの展示。

セッションやって欲しかったな。

帰り、ホームでドン!という大砲の音?
花火でした。
枚方の花火は毎年極秘でやるので、こんな奇跡の巡り合わせにびっくり!

夏の終わりにご褒美もらった。

長寿

94歳の叔母のお葬式でした。
決して豊かではなく、幼い頃から苦労してきた叔母。
でも、豊かな心を持ってはった。
本が好きで、絵が好きで、お喋り好き。
西陣で鶴の帯を織ってはった。
以前、河原町阪急で展示してた時も見に来てくれはった。
残された叔父は98歳。
老々介護をバリバリにこなしてはった。
長寿の秘訣を聞くと、「好奇心」だと。
叔父も、にこにこポジティブな人。
真面目に生きてこられたお二人。
人生は修行やさかい。
厳しい中にも何処かユーモアを持ち合わせていた、父の言葉をふと思い出す。
お姉ちゃんがやってきて、あっちはさぞかし賑やかでしょう。
叔父叔母もいとこ達も何処か似ていて、繋がっている血を愛しく誇らしく思いました。

きゅうりのQちゃん


先日美味しいQ手作りのきゅーちゃんを頂き、
自分でも作ってみたかった。
結果、きゅうりがちいさかったのか、少し塩分が多かったと思う。
もう少し醤油を(-)生姜を(+)の方が好み。
一度沸騰させる方が早くしゅんでくれると思う。
リベンジだな。
☆残りの汁に酒と出汁を足して、カツ丼を作りました。これは美味しかったぁ。